家の近所で水道工事が始まると、周辺エリアは断水になるので大変だと感じる人は多いのではないでしょうか。

しかし、その水道工事は自宅への通水も兼ねている水道管の工事の時、なぜ自宅は断水にならなかったのか不思議に感じる人も多いと言えましょう。これは通水した状態で水道管のメンテナンスや交換を行うことが出来る工事手法で、断水することなく工事が出来るなどからも不断水工事と呼ばれています。

病院の中には断水になると治療が出来なくなるため、施設内には大きな水槽を完備しており、工事中の給水として利用が行われています。しかし、不断水工事で水道設備の修理が出来るようになれば、災害などの時の水として利用が出来るようになるメリットも出て来ます。例えば、消火活動に利用する水で使える、水不足の時の予備として使えるなどのメリットがあるわけです。

ちなみに、透析治療を行う病院などの場合、通水が止まると患者さんへの治療が出来なくなるので、万が一を考えて、水槽を完備していると言います。不断水工事で水道管の交換や設備メンテナンスが可能になれば、常に通水が出来るようになるので、治療時の水の心配も要らなくなります。

また、断水をせずに工事が出来ると断水直後に水道の蛇口から流れる色のついた水が出て来ないので、水を暫く流し続ける必要もなくなる、全体的なコストの削減、そして水の無駄を防止することも出来るようになるわけです。不断水工事は徐々に広まりつつあり将来的にはコスト削減が出来る水道工事が可能になるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *