家の蛇口をひねれば、いつでも水が出てくることが当たり前になった現代、水道管の分岐工事などによって断水の時間が生じることは生活に大きな不便をもたらすことになります。

そのため、最近では通水状態のままで施工を行う不断水工法が使われることが多くなってきました。不断水工法とは、水道管を断水させることなく配管の工事を行う手法のことを言います。

不断水工法はその目的によって、本管から分岐をさせて枝管の取り出しを行う「分岐工法」と、本管の途中に仕切弁やプラグ、ストレーナーなどを挿入する「インサーティング工法」があります。また、止水のための方式の違いにより「バルブと補助器具を利用して機械的に止水する方式」と「液体窒素などを使って管内を一時的に凍結させる凍結方式」があります。

凍結手法は、短時間かつ限定的な止水をすることで本管の断水をせずに工事をする手法として用いられています。昔の水道工事では、よく断水時間がある程度長時間にわたってしまうため、事前に断水のお知らせなどが良く届いていたものでした。また、断水が解除された後は、蛇口からさびなどが含まれた茶色い水が最初の間は出てきたりしました。

普段の生活では、不断水による工事などについて考えることは無いと思いますが、じつはこのような工法の発達によって私たちの生活の中で不便だと感じていたことが解消されてきています。不断水工法は、私たちの生活の中で、24時間いつでも蛇口から水道水を確保するための大切な工法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *