不断水工事は通水のままで水道管を交換したり、新しい場所への水道管設置や設備の増設工事が出来る手法の総称です。

水脈を止めずに工事が出来るため、事前に周辺エリアへの断水のお知らせが要らない、水道を利用する側も、飲料水として使う場合には赤水が流れて来ないので水の無駄遣いにもならない、など様々なメリットを持ちます。不断水工事は、幾つかの工法があり、工法に応じて利用する設備も変わります。

また、利用する設備についても不断水工事を手掛けている会社により様々で、工事に必要な装置を開発している会社によりその手法は変わるのが特徴です。不断水工事は水を使い続けることが出来る最大のメリットを持つ手法で、水脈が停止してしまうと業務に支障を来す場合にはとても有効な工事手法とも言えましょう。

例えば、加熱炉を持つ工場などの場合、加熱炉は一旦冷めてしまうと、適切な温度にするまでに長い時間を要する、その間は製造が出来なくなるわけですから、水が停止すると売り上げにも大きな影響を与えることになります。

加熱炉は温度調整を初め、完成した製品を冷却するために水が必要不可欠ですから、このような工場内での設備交換は不断水工事が必要になるわけです。ちなみに、通水状態で工事を行う際に必要となるのが分岐栓で既存の配管に分岐栓を取り付ける、新しいパイプを接続して相手方と接続、両者の接続が完了した時点で分岐栓を開けて通水を行うなどが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *