不断水というのは日常ではあまり聞くことのない単語とされていますが、意味としては名前のとおり断水をおこなわないということを指します。

そして断水をおこなわない方式で工事をおこなうのが不断水工法となり、過去に設置された水道管を断水させることなく分岐工事を実施する方法です。従来では水道管の分岐工事をおこなう際には事前に管の水を止めるなどして断水をしてから工事に着手するという方法をとっていましたが、工事中はそのエリア一帯が断水してしまうというデメリットがありました。

不断水工法はこのデメリットを解消した現代型の方法です。水道を一度止めてしまうと、断水となるだけでなく工事の時間によっては流れる水が劣化し汚れてしまう可能性がありましたが、不断水工法ではそのような可能性を無くすことができ、また断水中の異物混入といった例外の可能性も除去できる画期的な方式とされています。

さらに、数時間から工事の進捗状況によってはさらに長引く断水状態からくる周辺住民の生活水の供給問題という点に関しても解決できたため、水道管の分岐工事をおこないやすくなったというメリットもあるのが特徴です。また、工事そのものに関しても、新しいT字菅を接続する必要が無かったり従来の水道管を切断する工程を踏まずに工事ができるため、現場の手間や負担だけでなく工事時間の短縮にもつながっています。大きなビルの水道管などに特に効能を発揮する方式と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *