水道工事にかかる費用には、工事そのものにかかる人件費やさまざまな機材に関する費用などが発生します。

コスト管理という観点においては支出項目をなるべく整理し、総工費を圧縮しつつクォリティの維持に努めたいものです。バルブを完全に閉めて断水をして工事をする場合には、分岐工事が不要であることで工事費に関してはリーズナブルであるものの、断水に伴う諸連絡や補償費用などの発生が想定されますので、総工費という観点においては必ずしもベストな方法とはいえません。不断水工事をすることで実質的な工事費を削減することが可能となります。

漏水修理など簡単で短い工期であれば、ごく短い時間の断水で済ますことができるケースもありますが、本管から別の配管を取り出して接続したり、大規模な修復などの工程が発生する場合には長時間の作業となりますので、不断水工事が必須となります。事前の断水告知や給水車提供などの補償費が不要な点、赤サビ発生による水道管の清掃の手間が省ける点など、工事実施者と水道利用者双方にとってもメリットがあります。

不断水工事には、工事箇所の規模や場所によって適している工法が異なります。分岐工法や凍結工法など、状況に合わせた不断水工事を行うことが必要となりますので、実施においては水道工事の実績が多く、不断水工事についてのノウハウをしっかりと有している業者に依頼することがベストです。コストを抑えつつ適正な工事を実現しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *