不断水工事は、圧力をかけて総帥を行っている水道管において、通常通り使用している状態(通水状態)のまま水道管の分岐設置やバルブ設置を行う作業を可能にする工法のことを示します。

不断水工事によって、建物の断水状態を引き起こさずに水道管の分岐工事などが行えることで多く用いられています。断水を生じさせることになる工事はコストの面での問題が大きくなります。事前に断水の日時を予告するための告知が必要となること、断水時間の長さによっては給水車を手配してその補償を行うことなど、工事以外に関する煩雑な作業を同時進行していかなければならないため、できれば避けたいものではないでしょうか。

その点において不断水工事は、通常通りの生活を止めることなく水道管工事を実施できるため、断水に関するトラブルについての心配もありません。水道管工事を行う場合には基本的に不断水工事を取り入れることが常識化しておりますので、参考にしてください。不断水工事の方法にはさまざまな技法が開発されております。

特殊なバルブを設置して水の流れを部分的に遮断することで工事を可能とする方法や、工事箇所の部分に極低温の液体窒素を利用して凍結させる方法などが開発されています。上水道の給水分岐時に本管を断水することなく施工するためには多くの選択肢がありますで、工事期間と工事の規模に見合った工法を選択して取り入れることが重要です。それぞれのメリットなども確認しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *