不断水工事にはいくつかの方法がありますが、その一つに「凍結工法」と呼ばれるものがあります。

凍結工法は読んで字の如く配管内の水を一時的に凍結させ、凍結している間に工事対象の配管を修理してしまうというものです。この手法を用いることで、断水しなければならない箇所を最小限度に限定することが可能で、例えば大きな工場の配水管を工事する場合、水道管の元栓のバルブを閉めてしまうと工場全体の水がストップしてしまいますが、凍結不断水工事を行えば、断水箇所を一区画だけに限定したりすることが可能です。

工場や商店などを完全に断水してしまうと、その分操業・営業ができなくなってしまい、経済的な損失に繋がってしまいますが、不断水工事を採用することでダメージを小さくすることができます。凍結工法は作業範囲を小さくして施工することができるので、水抜きなどの各種作業が短時間で済み、コストも低く抑えることができます。バルブを閉めると赤水が発生してしまう原因にもなります。

特に古いバルブを開閉すると赤水が発生しやすく、商業施設などで赤水が発生してしまうと、お客さんに迷惑をかけることにもなりかねません。凍結不断水工事ならバルブの開閉をせずに工事することもできるため、赤水の発生を防ぐ効果もあります。水を止める箇所も限定的なので、配管修理後の洗浄作業なども短時間で完了します。凍結型の不断水工事は、場所を選ばずどこでも凍結させて水を止めることができるので、バルブ自体の交換作業にも活躍します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *