不断水は水を止めることなく工事を行うことを意味しています。

断水とは水などの流れを止めることを意味しており、水道管の場合では蛇口から水が流れなくなるデメリットを持ちます。水を止める時には回覧板などでいつから工事が始まる、断水が行われる旨の告知があるので、事前に汲み置きをしておけば取り敢えずは安心です。また、水が使えない時間はそれほど長くないので少々不便さはありますが、生活に大きな支障を来すわけではありません。

但し、断水後には濁り水が蛇口から流れて来るため、しばらく水を流しておかなければなりませんし、各家庭で同じように水を流し続けるわけですから水の無駄にもなってしまいます。水を止めることなく水道管を交換する、新たな水路を設置するなどが可能な不断水工法には、水が使えなくなるデメリットを回避出来ます。不断水工法によるメリットには、工事に関する住人への告知が要らない、長時間の工事の時などでは給水車が必要になるケースもあるかと思われますが、不断水工法では給水車の手配も不要です。

工事を終えた後には管内清掃が必要になります。これは配管の一部を取り外して工事を行う際に汚れが入りやすいためです。こうした管内清掃が不要になるのも不断水工法のメリットですし、工事前後の赤水が出ない、断水による悪影響がなくなるわけです。住宅地だけでなく、病院などの施設がある場所では断水が出来ないケースもあります。例えば、人工透析を行う病院などでは断水すると透析液を作ることが出来なくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *