人間の生活に絶対に欠かすことができない水ですが、多くの家庭では地中に埋設された水道管を使って運ばれていきます。

地中なので地上に比べると自然環境の変化を受けにくいのですが、それでも長期間使用されていれば腐食が発生するので、悪くなれば水道管を新しいものに取り換えなければいけないのですが、この際に困るのは水が流れないようにしないと作業ができないため、その作業の間は周囲の家庭で水道が使えないということでした。しかし不断水工法が使われるようになって、この問題は解決しています。

不断水工法とは不断水分岐工法といい、既存の水道管の周囲を別の水道管で覆い、専用穿孔機を使って既に埋設されている水道管を穿孔分岐する工法であり、水道管の周囲を別の水道管で囲った状態で悪くなった水道管の修繕を行うため、水道管を切断してT字菅を接合するような手間がないので、断水したり水道工事に長時間かかるようなことが解消されました。また不断水工法では今までの水道工事では必ず行われていた水道水の洗浄廃水などを行う必要がないので、工事完了後にすぐに水道が使えるというメリットがあります。

断水がなく、工事期間が短縮できるので工事費用も従来より低くできると利点が多い不断水工法は、これからの水道工事の主流と言っても間違いありません。蛇口を捻ればいつでも水が出るというのは日本人には当たり前でしょうが、世界に目を向けるとこのような恩恵を受けているのは本当に一部の人だけです。私たちは運よくその恩恵にあやかっているのですから、日頃から水を大切に使う努力が大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *