不断水工法というのは水道工事の手法の一つです。

普通、水道工事を行う際には、断水と言って水道を止めて行うことが多くなります。これは当然といえば当然のことで、水道管内は高い水圧がかかっていますから、そのまま工事を行うと水があふれるどころか、噴き出してきて危険ですらあります。ということで普通は断水が必要になってしまうのですが、これはもちろん不便です。

周辺の住宅や商店の人にとって、自分とは関係のないところで断水が起きてしまうのは、仕方のないことかとは思いつつも、避けてもらえるに越したことはないと心の中では思っていることでしょう。そういう場合に有用なのが不断水工法です。実際に不断水工法はどのようにするのかというと、原理的には別に難しい話ではなく、高い水圧に対処しつつ工事を行うことができればそれで良いわけです。水圧に耐えることができる耐圧殻のようなものをまず工事部位に設け、その中で作業を行うようにすれば目的は達成できます。

このような不断水工法により、周辺の住宅や商店、工場などに全く影響を及ぼすことなく水道工事を行うことができます。これは周辺住民にとってありがたい話であるだけではなく、実は工事をする人にとってもありがたい話です。というのも、断水を伴う工事では一般的に工事の範囲が広くなったり、手間がかかったりすることが普通だからです。不断水工事では工事の場所も限定され、工期も短くなるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *