不断水工法とは従来水を止めて行っていた工事を、断水することなく行う工法のことです。

つまり、管内にある水の流れを止めることなく配管工事を行うことができます。不断水工法には2種類あります。それが分岐後方と凍結工法です。分岐工法は割T字管と仕切弁と穿孔機を使い機械的に穴を開ける工法です。そしてもう一方である凍結工法とは、液体窒素で作業箇所の両端を凍結させて工事を行います。この凍結部分がバルブの代わりとなるわけです。

この不断水工法が使われるようになるまでは、古いほうのバルブの水の流れを止めて作業を行っていました。しかし古いバルブの中には赤錆が付着していることが一般的です。水の流れを止めるためにバルブを動かすことにより、赤錆が剥がれ落ちてしまい、水が赤く濁ってしまう原因になります。そのため新しいバルブや分岐管を設置したあとで配管内を清掃しなければいけません。

また、工事を行う付近の現場にバルブがない場合は、断水をしなければいけない範囲が広くなってしまいます。そうなると、広範囲に告知をしないといけませんし、水を使えなくなる世帯が多くなるため給水車を用意する必要もでてきます。けれども不断水工法を行うのであれば、そういった作業を行わずにすみます。

水を止めないということは、わたしたち市民にもメリットがあります。断水により水を貯めておく必要もなくなりますし、水を使う仕事も時間を気にせずいつも通りに行うことができます。用意していた水が足りなくなるかもしれないという心配をせずにすむというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *