水道は人間の生命を維持するために大切な水を供給するための重要な施設であり、現代の生活で水道のない生活など考えられません。

水道は浄水場から各家庭に水道管を使って運ばれますが、この水道管は無限に使用が継続できるわけではなく、自然環境の影響を受けにくい地下に埋設されていても、そこには寿命が当然に存在するので補修や交換を行う必要が出てきます。この水道工事は提供されている水を止めて、悪くなった部分を切断して新しい水道管に付け替えるのが一般的ですが、この工事のデメリットは工事をしている期間は断水が発生して水が使えなくなるということと、工事が終了しても使用には適さない水がしばらく流れ続けるため、その洗浄を行わなければいけないことでした。

この水道工事のデメリットを解消するために考案されたのが不断水工法であり、この不断水工法を使えば交換する水道管を別の管で覆ってから工事を行うために断水が起きないだけでなく、通常の工事では古くなった水道管を排除して新しい水道管に接合するという作業が必要だったために期間も費用も必要でしたが、この不断水工法ではそのような作業が発生しないので工事期間が短く、費用も少ないというメリットがあります。

日本には交換しなければいけない水道管が多数埋設されているので、これからの対応を考えるとこの不断水工法は大変に有効な手段になってくるのは間違いありません。これからも水道を活用していかなければいけない人間のために、いつまでもそのまま飲める水道水を提供してくれる水道施設を保つことは、この国で生きて行く我々の使命だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *