不断水工法にもいくつか種類がありますが、その中で水道管を凍らせる方法について紹介しましょう。

これは、水道工事をしたい水道管の前後の部分を冷媒等を用いて意図的に冷やし、中の水を凍らせてしまうことで即席の弁とする方法です。水道管を意図的に凍結させるわけですが、もちろんよく知られているように水道管にとって凍結は本来は避けるべきものですから、慎重に行われます。とはいっても凍結させる範囲は、工事に必要な最小限に留められますから、この不断水工法により水道管が破裂したり損傷したりするようなことはありません。

工事に必要な最小限とは何かというと、結局のところ、中で凍った氷が工事の最中にしっかりと弁の役目を果たしてくれるかどうかです。弁の役目を果たすことができるのは、つまりは中で生じた氷と、水道管の内壁との間に摩擦が生じるからで、この摩擦の力が水圧に十分打ち勝ってくれればそれで良いわけです。水道管を凍らせる不断水工法ではまずこの凍結範囲を決めるところからスタートします。

一般的に言って、水道管が太ければ太いほど、凍結範囲を長くしなければならなくなります。もちろん、内部の水圧が高いほど凍結範囲も長くしなければならないのは当然のことです。また、水道管内壁の材質も摩擦に大いに関係してきます。内壁がツルツルした水道管のほうがそれだけ摩擦は低いわけですから、凍結範囲も広くしなければ弁の役目を十分に果たせないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *