不断水工法とは、断水させずに水道工事を行う方法のことですが、その手法の一つに凍結による方法があります。

まさかと思うかもしれませんが、水道管を冷却し、中の水を凍らせてしまうことで即席の止水弁の役目を果たさせてしまおうとするやり方です。この不断水工法は、当然のこととして、止水弁が設けられている場合には採用する意味がありません。ただその止水弁を閉めて工事を行えば同じ効果が得られるはずで、わざわざ凍らせる意味がないからです。しかし、そうそういつも都合のよい位置に止水弁が設けられているとは限りません。

工事現場よりもはるかに上流、あるいは下流にしか弁がない場合、それを閉めてしまっては、断水の影響の及ぶ範囲が広がってしまい、困ってしまうというケースはいくらでもあります。要するに、弁と工事現場との間に、水道管の分岐があるような場合、工事現場のみならず分岐先にまで断水を起こしてしまうことになるからです。

あるいは、ちょっと特殊なケースとして、止水弁は適当な場所に設けられているけれども、実は止水弁そのものを取り換えたいということがあります。弁も部品の一つですから、老朽化しているような場合には、新しいものに取り換えたいということがしばしば発生します。この場合、その弁を閉めて工事をしようとしても目的は果たせないことは明らかでしょう。このようなケースでもやはり凍結による不断水工法の出番となることが考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *