住宅や施設とかで使われている既設管内の水の流れを止めずに配管工事を行うための技術として名が知られている不断水工法はメリットがある施工方法の一つとなっていて、配管工事をする時に必ず使われる施工方法となっています。

この方法が使われる前は古いバルブを閉じて水の流れを止めて作業をしていたため、施工ミスとかが目立つ時もあり、問題視されておりましたが、不断水工法ができてからは施工ミスがなくなり安心して施工を行えるようになっています。不断水工法に使われるパーツは色々な種類があり、多種多様なニーズに対応する事ができ、無駄な作業を省いて施工を提供する事ができるので依頼側はリーズナブルな料金でサービスを受けられるようになっています。

また、工事現場の付近にバルブがない場合には広範囲で水の流れを止める必要があるので断水せざるを得なくなり、広範囲で断水が生じると周辺の住民に対する告知や給水車の手配が必要となるのでデメリットな部分もあったりします。不断水工法のメリットについて紹介するとこの方法は水抜きや水張りという作業が不要となり、空調機等の停止が不要となるので安心かつ安全に施工を行う事ができます。

そして、在室者に対して迷惑のかからない施工を行う事ができ、違和感のない工事を行えるようになっています。不断水工法ができてから施工がかなり楽なっている事は確かであり、施工ミスがほとんどないので依頼側も安心して施工依頼や相談を行う事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *