不断水工法が使われる時の施工手順は既設主配管より分岐取り付け部分の保温材を剥がすために使用されつつ、既設配管の分岐予定個所の塗装を剥離するために効果的な方法となっていて、単管を借り付けした際に取り付けた位置を微調整する事ができるので安心して施工を行う事ができます。

また、不断水工法は単管のフランジに制水弁を取り付ける事ができるので制水弁に漏れがないか確認する事ができます。他にもバルブに穿孔機を取り付けつつ、穿孔機の排水バルブを開にして、穿孔を開始する事ができるので色々とメリットがある方法となっております。不断水工法のメリットに関しては水抜きや水張り等の作業が不要となっていて、空調機停止も不要となっているので安心かつ安全に施工を行えるようになっています。

在室者に迷惑のかからない工事が可能であり、違和感を感じさせない施工を提供する事ができます。依頼側が部屋に居ながら工事をしてくれるのでわざわざ外に出なくも良い感じとなっています。計画的に施工ができるため、施工にかかる費用も削減でき依頼側はリーズナブルな料金で対応を受けられるようになっています。

不断水工法に使われるパーツ等に関しては種類が沢山あり、多種多様のニーズにしっかりと対応できるようになっています。もともとある古いバルブを動かすことなく作業できるので施工ミスとかを無くす事ができ、付帯作業を省略できるので迅速な対応が行えるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *