不断水工法には現在の流れをそのまま生かして配管のメンテナンスや修復、新たな進路を設けることが出来る利点を持ちます。

断水が出来ない時などはとても有効な方法などからも、不断水工法を研究開発する専門企業も多くなっています。一般的に、断水と聞くと水をイメージする人は多いのではないでしょうか。水道管を交換する時には断水が当たり前でしたが、現代の工事の中では不断水工法が採用されると同時に、液体を取り扱う工場内の配管修理などでも不断水工法が採用されています。

直線に延びている配管があり、この配管にT字型の弁を取り付ける場合、直線の配管の一部をカット、ここにT字菅を取り付ければ分岐が出来ます。しかし、通常の工事の場合流れを一旦止めなければなりません。不断水工法では配管に特殊な器具を取り付けカットすると同時にT字管を取り付けることが出来るため、利用し続けながら施工を依頼出来る利点を持っています。

プラント工場は配管が輻輳している関係からも断水が必須のケースが多いのですが、断水を行うと場所によっては生産に影響を与えてしまうケースもありますし、流れを止めると復旧までに時間を要するなど稼働を止めることが出来ない場合もあります。輻輳している場所での新たな進路を作ることは難しいと言われていますが、専門の会社が開発を行った様々な工法を用いる事で断水することなく分岐の設置が出来る、老朽化した設備交換が出来るようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *