頭皮を柔らかくするには栄養豊富な状態に保つこと

日本人の薄毛率の割合は、年々増加しています。

成人男性の約25%の人が髪のトラブルで悩んでいるという調査結果もあり、4人に1人が薄毛で悩んでいることになります。丈夫な髪を育てるためには、頭皮を柔らかく栄養豊富な状態に保つことが不可欠です。日本人の薄毛率の上昇と、現代人の頭皮が硬くなっていることは、無関係ではありません。頭皮が硬くなるのは、頭皮への血の巡りが悪くなっていることが原因です。

これは現代社会特有の、スマートフォンやパソコンを長時間使用することで起こる眼精疲労や肩こり、ストレスや運動不足などが起因しています。眼精疲労や肩こりは、筋肉が硬くなることで起こり、血の巡りが悪くなります。目の周りと肩は心臓と頭皮を繋ぐ位置にあるため、頭皮への血行に大きく関わってきます。またストレスや運動不足も血行に悪影響を与えます。頭皮が硬くならないようにするには、これらを改善する必要があります。頭皮を柔らかくするには、軽い運動をすることがおすすめです。

ストレッチやヨガなどは筋肉を柔らかくするので、肩こりの改善も期待できます。またそれらのエクササイズに加えて、直接頭皮を揉みほぐす頭皮マッサージも、頭皮を柔らかくするには効果的です。これは短時間で効果が出るわけではありませんが、入浴中や入浴後の血行が良くなっている時に毎日の日課として続けていくことで、徐々に改善していきます。

また頭皮だけではなく、両耳を引っ張ったり回したりするマッサージも、血行を良くすることに効果があります。耳には多くのツボがあり、それを刺激することで血流の改善に繋がるのです。頭皮を柔らかくするには、軽い有酸素運動、頭皮マッサージ、そしてバランスのとれた食事を摂ることが大切です。頭皮の血行を良くすることは、薄毛対策だけではなく顔の表情筋の衰えを防ぐ効果もあります。頭皮の伸縮性を保つことで、常に血行が良い状態にしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *